#沖縄 軍用地ローンで金を借りている人は、軍用地が返還されると担保価値がなくなる そりゃ必至に辺野古移設反対するわなwww というお話


経済評論家の渡邉哲也氏が、チャンネル桜でお馴染みの恵龍之介氏との対談本を出版されたそうだ。

もの凄く興味深い話なのでご紹介を。

軍用地売買の話をご存知の方も多いと思うが、軍用地として国に土地を貸している地主は多い。
軍用地は普通の土地とは次元の違うもので、決して景気不景気によって値下がりはしない。
そして相手が国だから、確実に金は入って来る。
だからこの軍用地の資産価値はとてつもなくでかい。
沖縄軍用地の地主の中には年間20億円もの賃料が入って来る人もいるとか。
普天間基地などの周辺住民で軍用地として貸している地主は、もし普天間基地が返還されると貸し賃が入ってこないので、辺野古への移設反対派は多い。が、軍用地ローンの話は知らなかった。

東海亭GO!さんのツイートのリンク先が以下。

沖縄銀行 軍用地ローン・枠々軍用地ローン 貸付最高2億円まで
http://www.okinawa-bank.co.jp/kojin/kariru/gunyouchi.html

琉球銀行 軍用地主ローン 貸付最高2億円まで
http://www.ryugin.co.jp/kariru/free/gunyou.html

このどちらのローンも連帯保証人は原則不要という。

そりやそうだ。政府が連帯保証人になって、毎月払ってくれているようなもんだから。

しかし!その連帯保証人がいなくなる事態が起きる。

それが軍用地の返還だ。

軍用地でなくなればただの沖縄の一般の土地と同じ扱いになる。

貸し賃も入ってこない。

しかし返済はしなくてはならない。

担保としての評価額は落ちる。

残債の金額によっては追加の担保を迫られることになる。

そして貸しはがしさえある。

そりゃ必死になって反対するわなww

ちなみに別の面白い話として、渡邊氏が以下のツイートも。

政府を批判しながら政府系金融機関から金を借りている琉球新報と沖縄タイムス。
おそらく軍用地も持っているはず。
そりゃ必死なって軍用地返還に反対するはずですわww

ブログランキングのご支援何卒宜しくお願いします


政治関連ブログランキング


6 件のコメント

  • 民主党政権時、ハトポッポが最低でも県外と、辺野古移設を滅茶滅茶にしたのには裏があったのか。

  • 「軍用地 広告」と「軍用地 売買」で検索すると、沖縄新聞の不動産広告の画像や、軍用借地をメインとした不動産業者のサイトはすぐ出てきます。 そこにある投資に関する説明をよく読めば、これが沖縄経済の隠れた大車輪と利権ではないかという疑惑が出てきます。 この土地利権にあぶれた人の妬みによる、基地(とその地主)への嫌がらせ。 基地が変換されると借地収入を失う地主による、移転先への工事妨害(平和運動を隠れ蓑にして)なども、当然考えられるのですが、首都圏に住んでいるだけではこの辺のドロドロしたことはまず気づけませんね。 

  • このアホみたいなシステムをどうにかすれば、一部の非国民は正気に戻るって事か
    まぁ小銭欲しさに支那の手先みたいな真似していても、大陸で今もこうしてる間に惨殺されまくってる
    少数民族の人達と同じ末路を辿るだけだと思うんだが
    スヴェンソン愛用の漫画家みたいに、きっとそこまで考えてないんだろうな

  • コレが本当なら国はむしろなんでそこに金ぶっ込まなかった案件だなぁ。金で確実に口閉じさせることが出来た層が結構いたという話な訳で

  • 福島みずぽとか西早稲田の連中だけでなく、沖縄の一部地主連中も反辺野古基地運動利用して攪乱、時間稼ぎしているんだろうな

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)