台湾生まれの作家・温又柔氏著作「真ん中の子どもたち」に対して宮本輝氏の「芥川選評」が「これはもう差別発言」と話題になっているが、こんなものは差別でもなんでもない


 

芥川賞作家の宮本輝氏が選考委員を務める「芥川賞」に台湾生まれの作家・温又柔(おん・ゆうじゅう)氏(37)の作品「真ん中の子どもたち」がノミネートされたとか。

そしてこの作品に対しての宮本氏の論評が「差別だ」と物議になっている。

それを伝えるニュースが以下。

第157回芥川賞に「真ん中の子どもたち」という作品でノミネートされた台湾生まれの作家・温又柔(おん・ゆうじゅう)氏(37)が、同賞の選考委員を務めた作家・宮本輝氏の「選評」にツイッターで怒りを露わにしている。

「もどかしく悲しく怒りに震えました…」――。宮本氏の選評が2017年8月10日発売の月刊誌「文藝春秋」に掲載されて以降、温氏はこうした怒りのツイートを何度も投稿している。一人の作家をここまで立腹させる選評とは、いったいどんな内容だったのか。

第157回芥川賞は7月19日に選考会が開かれ、沼田真佑(しんすけ)氏(38)の「影裏(えいり)」が受賞作となった。選考委員を務めたのは、宮本氏をはじめ、奥泉光氏、村上龍氏、山田詠美氏ら現代文学を代表する作家10人。

温氏は台湾・台北市で生まれ、3歳の頃に東京に引っ越し、台湾語混じりの中国語を話す両親のもとで育った。候補作となった「真ん中の子どもたち」は、台湾出身の母と日本人の父を持つ若者が自らの生き方を模索する姿を「母語」をテーマに描いた作品だ。

この作品に対する宮本氏の選評は、次のようなものだった。

「これは、当事者たちには深刻なアイデンティティーと向き合うテーマかもしれないが、日本人の読み手にとっては対岸の火事であって、同調しにくい。なるほど、そういう問題も起こるのであろうという程度で、他人事を延々と読まされて退屈だった」(「文藝春秋」2017年9月号より)

こうした宮本氏の批評について、温氏は掲載誌の発売翌日にあたる8月12日未明(日本時間)、ツイッターで怒りを爆発させた。「どんなに厳しい批評でも耳を傾ける覚悟はあるつもりだ」と前置きした上で、

「でも第157回芥川賞某選考委員の『日本人の読み手にとっては対岸の火事』『当時者にとっては深刻だろうが退屈だった』にはさすがに怒りが湧いた。こんなの、日本も日本語も、自分=日本人たちだけのものと信じて疑わないからこその反応だよね」

と指摘。続くツイートでは、「おかげさまで炎は燃えあがる一方。ここが『対岸』かどうか、今に見ててね」と挑戦的な一言を送っている

温氏はさらに、12日早朝にも「あぁ、また呼吸が浅くなる。半日たつのに、怒りがまだしずまらない。こんなに怒ったのはひさしぶりだ」と投稿。ただ、温氏の憤りに共感した一般ユーザーのつぶやきにリプライ(返信)する形で、

「その選考委員と似た考えを持つ方々を脅かしたいのでも貶めたいのでもない。ただ、分かち合いたいのです。だからのっけからはねつけられて、もどかしく悲しく怒りに震えました…でも、めげません!」

と前を向くような言葉も寄せている。

一連の温氏の投稿はインターネット上で注目を集め、ツイッターやネット掲示板には、

「宮本輝ってこんな人だったのか。この無神経さでよく作家をやってるな」
「この論評自体は批判されて然るべきだし残念に思う」
「文学って、その対岸へと橋渡しをするようなものではないの?すべての物語は『他人事』だよ」

など、温氏に共感する意見が相次いでいる。

そのほか、作家の星野智幸氏は12日のツイートで「これはもう差別発言」と指摘、詩人の文月悠光(ふづき・ゆみ)氏も「この部分、私も選評を読んで絶句した」と同日にツイートしていた。

全文はURL先でどうぞ
https://www.j-cast.com/2017/08/18306220.html

俺の大好きな作家のひとりでもある宮本輝氏。

「道頓堀川」や「流転の海」などが特に好きで、「流転の海」から始まるシリーズ本は、次作に待ち遠しい思いをしたのを憶えている。

好きな作家だからといって贔屓するわけではないが、この「選評」のどこが差別になるのだろうか。

ちなみに温又柔(おん・ゆうじゅう)氏の怒りのツイートは以下。

まずは前置きとして、俺はこの作品を読んではいない。
読んではいない上で、他の作家の「選評」などを見て判断していることをご承知おき頂きたい。

このJ-CASTニュースの中で、

温氏は台湾・台北市で生まれ、3歳の頃に東京に引っ越し、台湾語混じりの中国語を話す両親のもとで育った。候補作となった「真ん中の子どもたち」は、台湾出身の母と日本人の父を持つ若者が自らの生き方を模索する姿を「母語」をテーマに描いた作品だ。

と作者の境遇が書かれていいる。

まず目新しいテーマでもなんでもなく、宮本氏の言うように「当事者たちには深刻なアイデンティティーと向き合うテーマかもしれないが、日本人の読み手にとっては対岸の火事であって、同調しにくい。なるほど、そういう問題も起こるのであろうという程度」であろうと思われるし、俺も同感だ。

この手の、例えば「日本と韓国」「日本と北朝鮮」「日本と中国」「日本と台湾」などのアイデンティティーの葛藤話など、もう日本人にとっては「お腹いっぱい」の話なのだ。

特にそのことに感情移入できるものでもない。

まるで「父親がアルゼンチンで母親がチリの子供として生まれた私のアイデンティティーは・・云々」と語っているかのような、まさに「対岸の火事」であって「(´・ω・`)知らんがな」だ。

「いや、片親が日本人でしょ?」という人もいるかもしれないが、例えば日本人とフィリピン人のハーフなんかも日本には山のようにいて、そのアイデンティティー話など一人か二人くらいから聞けばお腹一杯の話だ。

そしてこの温又柔氏は、後にこうツイートしている。

全然関係ないと思うが・・

鄭大世選手は両親、そして本人も朝鮮籍であって、片親が日本人の温又柔氏とは全く境遇が違う。

鄭大世選手の境遇に自分を重ねて相憐れむ心情は、今回のことを「差別」にすり替えようとしてしているとしか思えないし、「こんな可哀そうな俺」を必至にアピールしているようにしか思えない。

J-CASTニュースの後半で、他の選考委員の意見として、

「『母国語』とアイデンティティーという切実なテーマだけが、ブルドーザーのように眼前に迫ってくる。これでは読者は怖くて飛び退くしかない」(吉田修一氏)
「既に自己の特異性を痛快にエッセイに書いた後、それをノベライズしても二番煎じを超えない」(島田雅彦氏)

と、書かれているように、所詮それだけのことだったのではないだろうか。
芥川賞にノミネートされるようないい作品を書く作家なのだから、どうかこれからは「自分の境遇による差別」には逃げないでもらいたいと思う。

 

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治関連ブログランキング


10 件のコメント

  • 「差別ビジネス」で食う飯は美味いですかそうですか
    …ホント、こういう糞みたいなネタは腹いっぱい
    朝鮮人風情が「橋を掛ける者」とか反吐が出るわ

  • 日本人と外国人とのハーフは別に珍しくもない。
    そりゃそれなりに葛藤はあるだろうが、人は様々な悩みや事情を抱えているわけで、それがたまたま
    国籍だったというだけ。

  • 同邦人への仲間意識はあるが、日本人に対しては全く共感していない、ということがバレバレな作品だった
    日本に溶け込む気がないのに愚痴ばかりこぼしているだけの愚作。宮本さんはそういうことを言いたかったんだろう

  • ツイッターを眺めていると、日台ハーフで反日の人は大勢いますね。
    前民進党代表の謝蓮舫を筆頭に、日台ハーフって反日の一大集団を形成している感じ。

  • 選ばれる立場の人間が選ばれなかった選評を見てゴタクを言うようじゃ、ただのひねくれ者だね!。差別と捉えるのは自意識過剰だからと言わざるを得ない。選考委員が安易に選評を書くわけがないじゃないか、、

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)