#沖縄 #辺野古 極左活動家「『反安倍利権』みたいなもので飯食ってるIWJとか、カンパ集めるのやめろよ!」 安倍政権が長く続くのを一番望んでいるのは『反安倍利権』で飯を食っている連中なのかも


 


 

岩上安身が主宰するIWJや、その他極左団体に対する愚痴が笑える。ボギーてどこんさんのツイートから。

2017年5月13日

ボギーてどこん(チーム・イージス)‏ @fm21wannuumui
大袈裟太郎氏の嘆き、最前線で頑張っているのに報われない彼の言葉に口惜しさが滲み出ています。ただ、彼の地元住民を無視した常軌を逸した行動には賛成いたしかねます。

文字起こし

大袈裟太郎「ここでカネ集めんのやめろよ。IWJとかそうだし。IWJなんて現場の人にカネ払ってねーのにしさ。どんだけカンパ集めるの。カンパっていってさ、いい加減にしろよ、そんなクソみたいな組織。反安倍利権みたいなもので飯食ってるる組織、ひとつひとつ名前挙げてやろうか。マジで。お前ら足引っ張ってんだだよ。」

動画

この極左活動家の大袈裟太郎本人もカンパを募って活動しているんだが、要は「ショバ荒らし」で取り分が減ることに対する苛立ちといったところか。

しかし「反安倍利権」とは言い得て妙。(笑)

そのネーミングに脱帽する。

つまり安倍政権が続くことを一番望んでいるのはこういった活動家たちなのかもしれない。

これからは「反安倍利権」という文言を使わせていただくことにする。

しかし、IWJも相当カネに困っているいるようで…

 ↓↓
IWJ・岩上安身‏「ご寄付・カンパのお願い→高須氏から提訴予告された有田芳生議員にインタビュー!」⇒高須医院長「高須氏、高須氏と僕の名前を勝手に使って金集めするのやめて下さい」~ネットの反応「また高須先生の名を使う乞食商法ですか…」

カンパをするのは高齢者がほとんどだと思うが、「アベ政治を許さない」界隈の老人たちを相手にしていては「反安倍利権」はやがて枯渇する。

ネットで情報を得ている若い世代はそう簡単には騙されないしカネも持っていない。

先細りの「左派イデオロギー商売」はやがて尻すぼみするのは間違いない。

「反安倍利権」で飯を食っている界隈の住人は、そろそろ安倍首相が引退した後の食い扶持も探しておいたほうがいいのではないだろうか。

 

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治関連ブログランキング