<ニュース女子問題>救急車を「止めた」事実を知ってしまったBPO 「誤解」で片づけるのなら、是非ともBPOの委員には東京の街中で救急車を止めて「誤解」で済むか実証してほしい


 

 

東京MXの「ニュース女子」の沖縄基地問題の放送に対して、BPOが「重大な放送倫理違反があった」とする意見書を発表した。

この件に関しては多くのメディアが取り上げているが、BPOが指摘したのは以下の6つ。

1. 抗議活動を行う側に対する取材の欠如を問題としなかった
2. 「救急車を止めた」との放送内容の裏付けを確認しなかった
3. 「日当」という表現の裏付けを確認しなかった
4. 「基地の外の」とのスーパー(「キチガイ」という言葉を連想させる処理)を放置した
5. 侮蔑的表現のチェックを怠った
6. 完パケでの考査を行わなかった

しかし番組放送終了当初からサヨク陣営が批判の的にしていたのは「2.『救急車を止めた』との放送内容の裏付けを確認しなかった」と「3.『日当』という表現の裏付けを確認しなかった」だった。

3に関しては、「日当」という言葉だけにこだわり、活動家に対する何らかの「資金援助」は、のりこえねっとの「5万円支払います」のポスターで説明されている。


活動家に対する何らかの対価は支払われているのは事実で、それを「日当という言葉ほ使ったのはけしからん」というのは難癖でしかない。

さて、ここで問題にしたいのは、「2.『救急車を止めた』との放送内容の裏付けを確認しなかった」だ。

BPOの公式発表のPDFから引用する。

東京メトロポリタンテレビジョン
『ニュース女子』
沖縄基地問題の特集に関する意見

委員会の調査
2 基地建設反対派は救急車を止めたのか

抗議活動側が傷病者であった18件のうち1件について、傷病者を収容した救急車が徐行運転を開始して間もない高江橋で、抗議活動側の人が救急車に対して手を挙げて合図し、救急車に停止してもらい、誰を搬送しているのかを確認したことがあった。救急車が停止した時間は数十秒であった。この事実が「救急車を止めた」と誤解された可能性がある。


https://www.bpo.gr.jp/wordpress/wp-content/themes/codex/pdf/kensyo/determination/2017/27/dec/0.pdf#page=14

なんとも幼稚な言い訳で笑ってしまうが、BPOの公式発表を見ると、BPO自身が現地で取材しているのがわかる。

BPOは消防署に聞き取り調査をして、実際に救急車が止められたのを知ってしまったのだろう。

しかしなんとか「ニュース女子」を悪者にしたい意図が文面からありありとわかる。

まず上記の文章から「私設検問」の実態がわかり、実際に救急車は止まっている。

例え数十秒であってもそれは活動家たちの私設検問で「止められている」のだ。

しかしそれを強引に「誤解」で片づけている。

では、例えばBPOの人間が東京の街中で走行中の救急車を止めて、「誰を運んでいるのか」と質問すればどうなるか。

「誤解です」で許してもらえるのか。

答えは言わずもがなだ。

もし「止めたのは誤解です」で済ますことができるなら、是非ともBPOの委員には東京の街中でそれを実証してもらいたいものだ。

ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治関連ブログランキング


19 件のコメント

  • この言い訳ってBPOにとっては別にする必要が無い言い訳なんだよね
    救急車を実際に止めていた基地反対派がしたい言い訳なんだよ
    なんでそれを基地反対派に変わってBPOがしないといけないのか不思議なんだけど

  • >この言い訳ってBPOにとっては別にする必要が無い言い訳なんだよね
    >救急車を実際に止めていた基地反対派がしたい言い訳なんだよ
    >なんでそれを基地反対派に変わってBPOがしないといけないのか不思議なんだけど

    その通り。プロ市民側の言い訳をBPOがワザワザ代弁してやる必要など無い。
    パヨク同士、お仲間であるとゲロってるようなものだ。

  • ‘救急車が停止した時間は数十秒であった。この事実が「救急車を止めた」と誤解された可能性がある。’
    実際停止させている事はただただ事実である。
    止めたと誤解されたという言い分こそ誤解であり、
    言い訳にすぎない。
    極左のお仲間BPO。

  • >1. 抗議活動を行う側に対する取材の欠如を問題としなかった
    後日放送された自己検証番組内で「基地反対派への取材は断られた」との報告あり
     
    >2. 「救急車を止めた」との放送内容の裏付けを確認しなかった
    同じく、自己検証番組にて裏取り済
     
    >3. 「日当」という表現の裏付けを確認しなかった
    実際に金銭の授受は行われているので、BPOの言いがかりで問題外
     
    >4. 「基地の外の」とのスーパー(「キチガイ」という言葉を連想させる処理)を放置した
    「基地外」ではなく、敢えて「基地の外」と表現してる時点で十二分に配慮済
     
    >5. 侮蔑的表現のチェックを怠った
    4に同じ
     
    >6. 完パケでの考査を行わなかった
    TOKYO MXでの放送直後に因縁をつけ、他のネット局での放送を中止に追い込み
    それを「ほら、完全パッケージでないものを放送するからこんな事に」と
    BPOが因縁をつけてるだけなので問題外
     
    はい論破

  • 何も緊急車両じゃなくても、BPOの入ってるビルから出て車を有志が検問してあげればいいんじゃないかな

  • BPOに問い合わせの電話したら「お答えできません!お答えできません!」って怒りながら繰り返してガチャ切りされたしBPOとか言う団体はお仲間のけつを舐めるしかしない団体ってよくわかったよ

  • 常識で考えたらわかるだろうに。
    瀕死の重傷を負った患者の搬送中だったら、どうすんだよ?
    「救急車を奪って逃走した犯人」を刑事が尋問したとでも言うのかよ!?

  • パヨクの活動拠点の【パヨBPOは、解体】 
    BPO解体しましょ!  
    BPO委員は、断罪してもらいましょ!

  • パヨクは自ら油を撒いて火を付けて更に風を送る事が大得意だよね。
    スルーしておけばお仲間の新聞も巻き込まれずに済んだものを。
    ホントにバカ。

  • >救急車が停止した時間は数十秒であった。この事実が「救急車を止めた」と誤解された可能性がある。
    何言ってんのかわかんねーわ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)