私に公認申請してきた中国帰化人【2人】とその人を紹介してきた国会議員【自民党藤末健三参議院議員と日本維新の会池畑浩太朗衆議院議員】【事実版】

※文字起こし版

「私に公認申請してきた中国帰化人【2人】とその人を紹介してきた国会議員【事実版】」の文字起こしです。

 NHKをぶっ壊す!、ということで令和4年、2022年6月1日15:32です。
 自民党の藤末健三さんから紹介いただいた中国のゲンリンさん、元中国人で、今帰化されて日本人なんですが、ゲンリンさんの件と、同じくですね、日本維新の会の衆議院議員池畑浩太郎さんの秘書で元民主党衆議院議員の高邑勉から紹介いただいた原田さんというかたですね。TwitterではA,B,C,Dと書いているんですがもう実名も出しています。このですね、中国から帰化された日本人お二人がNHK党から立候補したい、という申し出がありましたので、その経緯について事実をこの動画では述べさせて頂いて、別の動画では私見を入れてお話をしたいと思います。

 まず事実だけお話します。今年3月10日19時に新宿のとあるホテルの一室で自民党の藤末健三参議院議員、その奥様、そしてゲンリンさんという中国から帰化した日本人の方の女性秘書と男性秘書ですね、そして私とNHK党参議院議員浜田聡、この6人で会食を行いました。藤末参議院議員の方からですね「立花党首に会いたい」という申し出がありまして、ここで初めてお会いしました。(それ以前も)すれ違ったことはあったと思いますが、2人でお話するのは初めてのことでした。

そのゲンリンさんという方は来られなかったんですが、その男性秘書、女性秘書が来られることは全然聞いていなくて、この3月10日に初めて藤末先生にお会いしたときには、あった話しは、すべてこのゲンリンさんを立候補させたいということ、そしてここであった話しというのはNHK党から出馬できないか、と。お金はそこそこ出せるからNHK党の全国比例の特定枠に入れないか、とこの日にありました。ええ、僕のほうは当然、お断りしました。600万円さえ出していただければ公認は致しますが特定枠には入れません、と。ちなみに、特定枠というのは自動的に名簿の1位になって非常に当選しやすくなるというものなのですが、詳しくはお調べいただきたいのですが、「特定枠は無理です。いくらお金を出していただいても無理です。供託金600万円を出していただけのであれば公認はします」とこういう話しをさせていただいたのが3月10日です。

 この時にゲンリンさんの男性秘書の方がですね、私と浜田が帰ろうとした時に「実は他の党から断られている。が、れいわ新選組さんからは1年で10億円で、比例の1,2位を提示されている」ということを仰いました。ちなみに、れいわ新選組さんから確認を取っている訳ではないのでそこはお間違えのないようにお願いします。それから数日後にゲンリンさんの男性秘書から会いたいと申し出がありましたので具体的にれいわ新選組さんから1年で10億円、10億円出してくれれば参議院の比例の上位に上げると、で1年で止めて下さい、そうすると繰り上がるじゃないですか。だから1年で10億円でどうですか、という提案を受けていると聞きました。これは何度も言いますが、れいわ新選組さんからは聞いていおらずゲンリンさんの秘書の方からそう聞いています。

その後しばらく何もなかったのですが、先週の木曜日ですね(2022年5月26日)、ゲンリンさんの男性秘書の方から「会いたい」ということでその日に面談をしました。ガーシーが立候補を表明したというのもありますし、特定枠が欲しいという内容だったので私は「600万円出してくれたら公認するけど、特定枠を売るのは無理です」と。「どうしてもお金で、というのであれば100億円出して下さい」と、提示しました。「ただし、特定枠でNHK党から立候補する場合は100億円をゲンリンさんから頂いていると公開します。その100億円を使ってNHKの被害者をお守りするためにゲンリンさんを特定枠にしますとちゃんと事前に有権者に公表するならやります」と。100億円でどうですか、と言うことを伝えました。

前文はリンク先で
https://go2senkyo.com/seijika/184652/posts/407240

関連記事

クリックのご協力をお願いします




※ページ下部でコメントできます

コメントを残す

©anoTube|アノチューブ