【動画】文春記事の「下村博文に加計学園から200万円の闇献金」は、下村事務所のカネを横領してクビになった元秘書「平 慶翔」が文春に流したデマと判明 その「平 けいしょう」は都民ファースト会から都議選に立候補

 

 
まずは文春の記事

安倍最側近で都議選の司令塔
下村博文元文科相
「加計学園から闇献金200万円」[内部文書入手]

下村事務所の「日報」と「パーティー入金状況」には、当時、文科相だった下村氏の事務所で加計学園の秘書室長がたびたび陳情、口利きを依頼した経過が記録されている。入金リストによれば加計学園は2013年、2014年に100万円ずつ献金。ところが政治資金収支報告書には未記載。こうした政治資金規正法違反の疑いがある献金は1000万円に及ぶ。

http://bunshun.jp/articles/-/3080

 

そして下村博文元文科相が記者会見

 


その他の文春のデマ記事に対しての説明は以下のフル動画で


 

そしてその下村氏のカネを横領し、クビになった平 慶翔氏は現在都民ファースト会から都議選に立候補。

 





クリックのご支援何卒宜しくお願いします。
↓↓↓↓↓

政治関連ブログランキング

12 件のコメント

  • 4月18日の記事で既に公表されている
    それなのに出馬
    板橋区民を舐めているのですね
    「平けいしょう」神戸市出身 朝鮮人種まるわかり
    そういや小池都都知事も神戸市出身でしたね・・・朝鮮人種集団=都民ファーストの会

  • 自分が横領したカネの一件を逆手にとって選挙を有利にたたかう思惑か。
    いかにも朝鮮式思考様式でワロタw 小池は勿論ダンンマリだろうw

  • これフェイクニュースじゃなく、最初から矛先を都Fの某氏に定めた報道じゃねーの?
    多分タレこんだのは相当前でデータも全て文春に渡されていたと思う。
    文春側は本心では誌面に乗せたらすぐに否定される出鱈目な物だとわかっていたが、ネタ元が都議選に出馬するという情報を入手し、告示後で逃げ場のない今になるまで眠らせていた情報を誌面に乗せた。
    この考えの裏付けとなるのが週刊誌側が絶対に明かすことのないはずの情報提供者が何故か下村氏にバレているというところ。
    そして疑われている某氏が横領後に事務所?(不確定)のPCを隠していたという2点。
    復讐の為に軽い気持ちで加計学園 100万円って入力して文春に持ち込んだんだろコレ
    口座の記録みりゃわかるのに下村が即否定してる時点できな臭いと思ってたわ。

  • 色々と調べてみると、

    平慶翔はもともと朝鮮勢力側の意向で下村事務所に潜入していた可能性が濃厚。
    だが(平兄弟を見れば分かるが)馬鹿ということもあり、犯行が雑過ぎて、犯行そのものだけでなくその背景まで下村氏にバレていた。その結果、処分の便宜をはかるという名目で泳がされていたようだ。
    そうして危機を免れたと思い(馬鹿だから)再び調子に乗って、都民ファーストから出馬して朝鮮勢力の駒として動き出したところを、今件の暴露で狙撃されるに至る。

    という流れだ。

  • フェイクニュースでした テヘッ
    で済む話じゃないだろう。
    小池が黙りを決め込むならそれが本性ってことだ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)