兵庫県尼崎市の大型ショッピングセンター「つかしん」で“爆弾のような”不審物な箱を清掃員が発見した事件、危険性がないことが判明 使い古したカーナビのようなもの

クリックのご協力をお願いします


日テレNEWS

18日昼前、兵庫県尼崎市にある商業施設のトイレで、爆弾のような不審物が見つかり、一時、騒然としました。

不審物が見つかったのは、尼崎市にあるショッピングセンター「つかしん」の4階の男子トイレで、午前10時すぎ、警備員から「ニクロム線の出た包みがある」と110番通報がありました。

警察によりますと、不審物は、小便器の前の壁際のスペースに置かれていた白い段ボール箱で、女性清掃員が見つけ、警備室で中を確認したところ、乾電池や配線、筒のようなものに加え、使い古したカーナビのようなものが入っていたということです。

警察は、施設や周辺を立ち入り禁止にするなどして、爆発物の可能性があるとして調べていましたが、午後5時半ごろ、危険性がないことが明らかになったということです。

関連記事

クリックのご協力をお願いします





※ページ下部でコメントできます

コメントを残す

©anoTube|アノチューブ