百田尚樹氏の外国特派員協会での記者会見 文字起こし 「一橋大学講演中止事件」について


※記者会見後半 質疑応答
百田尚樹氏の外国特派員協会での記者会見 質疑応答文字起こし 「一橋大学講演中止事件」「フェイクニュース」「朝日新聞」「慰安婦問題」「偏向報道」「一発だけなら誤射かもしれない」

 

※このページの最後に動画もあります。

えー。皆さんこんにちは。百田尚樹と申します。

私は6月の10日に一橋大学で、大学祭で講演をする予定でした。

この講演が、大学内にある反レイシズム情報センターという団体から抗議を受けて最終的には中止になりました。

この団体は、実体はよくわかりません。

ただ、この団体の主宰者は、34歳の大学院生です。

その34歳の大学院生は、以前は在日コリアン青年連合という組織に所属していました。

この反レイシズム情報センターという団体のことは後ほどお話いたしますけれども、まず彼らが、一橋大学の大学祭の実行委員会、この実行委員会が私を呼んでくれたんですけど、この実行委員会に要望書を出しました。今年の4月です。

えー彼らの要求を一言で言いますと、百田尚樹はレイシストであり、差別扇動主義者である。こういう人物に講演で発言させるわけにはいかない。ま、簡単に言うと、これが彼らの趣旨でした。

しかしながら、私はこれまでヘイトスピーチ、ならびに差別扇動、そういう発言は一度も行っておりません。

今回の講演のテーマは、現代におけるマスコミの在り方というものです。

ですから、民族問題、人種問題は今回のテーマでは触れておりません。

それどころか、私はこれまで200回近く全国で講演をしておりますが、人種問題、民族問題に触れた講演は一度たりともしておりません。

にもかかわらず、反レイシズム情報センターの人たちは、私をヘイトスピーカー、あるいはレイシストというレッテルを貼って、私の発言を一切封じ込みました。

あのー皆さんのところに配られているかもわかりませんが、反レイシズム情報センターが、一橋大学の実行委員会に出した要望書があります。

このコピー、皆さんのところにお配りしていると思います。

これ、皆さんのちほどしっかり読んで頂きたいんですが。

今現在、この問題がニュースになって、ネットで騒がれて、反レイシズム情報センターの人たちは、我々は講演会の中止は要求していないと。こういう発言をしております。
しかしこれは嘘です。

皆さんにお配りしている要望書、そのうちのひとつを読み上げます。
まー不当とも思えるような条件を突き付けられたわけですが、そのうちのひとつを読みます。

百田尚樹氏講演会 現代社会におけるマスコミの在り方。に関しては、百田氏が絶対に差別を行わないと誓約した上で、講演の冒頭でこれまでの差別扇動を撤回し、今後準公人として人種差別撤廃条約を順守し、差別を行わない旨の宣言する等の、特別の差別防止処置を求めます。

えーその次に。

同時にこの条件が満たされない場合、講演会を無期限延期、あるいは中止にしてください。

これは分かりやすくいいますと、私のこれまでの発言をヘイトスピーチであると勝手に決めつけて、そして講演の前にこれを謝罪撤回して、今後は二度とそういう発言を行わないという宣誓を私にさせるということです。
これは私の過去の発言、そして未来の発言さえも全て彼らがコントロールするということになります。

当然こういう条件を突き付けられた実行委員会は、これを跳ね除けました。
すると、反レイシズム情報センターの人たちは、諦めません。執拗に実行委員会の人たちと交渉して、その交渉の席で、ほとんど脅しともとれる発言を何度も繰り返しています。

例えばこういう発言があります。

「百田尚樹の講演を聞いて、ショックのあまり私は自殺するかもしれない」これは女性です。

「そうしたときに実行委員会はどう責任とってくれるのかと」

そんなに怖いなら聞かなければいいと思うんですが。(笑)

さらに、「もし百田尚樹が講演すれば、講演会場でどんな騒動が起こるかわからない」こう言いました。

「そういうまあ暴力事件が起こった場合に実行委員会は果たして責任をとれるのかと」

これらは刑法上、明らかな脅しではありません。
ま、グレーゾーンに近い脅しではあるんですけれども、こういう言葉を繰り返し交渉の場で言われて、実行委員会のほうは根負けしたといいますか、ノイローゼになったといいますか、精神が参ってしまいました。

ちなみに実行委員会は大学の一年生と二年生が中心です。

19歳、20歳がメインです。

そういう社会経験のない若者にですね、34歳の主宰者である経験豊富な男性がいろんな手で圧力をかけたというのが実態です。

実行委員会は万が一の事態にならないように、警備会社にも多くの警備を依頼したようです。

しかしながら警備が大きくなりすぎて、大学祭の他のイベントに影響があるということで、彼らは最終的に講演を中止しました。

分かりやすくいいますと、実行委員会にそこまでのことを、大きな警備を要求するほどに、ま、いろいろ反レイシズム情報センターは圧力を加えたとうことです。

えーそれでですね。6月10日の私の講演は中止になりましたけども、反レイシズム情報センターはさらにインターネット上でこういう発言をしております。

今から申し上げるのは反レイシズム情報センター宣言文です。

「私達は差別、極右活動のない学園祭実現のため、10日当日に差別監視活動を行うこととしました。差別、極右活動の発生を監視し、発見し次第記録と通報を行います」

通報というのは、大学祭、大学当局、さらに法務省に、自分たちが差別と認めたものを発見次第、大学当局と法務省に通報する、と彼らは宣言しました。

私はこれは非常に恐ろしい問題やと思います。

つまり、民間の団体が一般学生を監視し、そして彼らが定義するところの差別とみなし、そしてそれを通報する。

これはスターリン時代の秘密警察にも似ています。

ま、民間ということであれば、中国の紅衛兵に似てるかもしれません。

確かに差別は絶対によくない。

ヘイトスピーチもよくない。

もちろんレイシズムは許されません。

しかしながら、民間団体が勝手に、勝手にというか、彼らの意思によってヘイトスピーカー、レイシスト、そしてあるいは差別扇動主義者というレッテルを彼らが自由に貼ることができ、そしてレッテルを貼った人物は発言させないという、これはもうとんでもないことやと思います。

そこで先ほど申し上げました反レイシズム情報センターの日頃の活動なんですけども、彼らは様々な人物、これは主に保守系の政治家、あるいは保守系の文化人、保守系のジャーナリスト、そういう人たちの過去の発言、あるいは記者会見での発言、あるいはツイッターでの発言、こういう発言を彼らは掘り起こして、この発言はヘイトスピーチである、この発言は人種差別発言であるというふうに勝手に定義してデータベース化しています。

現在私が確認したところでは、彼らがリストアップした人物は120人を越えます。

彼らがヘイトスピーチと定義した発言は2800個を超えています。

これはインターネットで見れますので、皆さんも時間があれば確認して頂きたい。

この2800の発言のほとんどははヘイトスピーチでもなく、レイシズム発言でもなんでもありません。

もちろん私も全部は確認しておりませんが、私が見たところですね、そういう発言のほとんどは、中国政府、あるいは韓国政府、あるいは北朝鮮政府、こういうものに対する批判的な発言は、どうも彼らはヘイトスピーチと定義づけているようです。

そのいくつかの例を申し上げます。

元東京都知事の石原さんの言葉ですが、「現在の中国は軍事力を背景にした唯一の帝国主義だ」。これが反レイシズム情報センターに言わせればヘイトスピーチということになります。

例えば私の発言、「特攻隊員を賛美することは戦争を肯定することだと、ドヤ顔でいう人がいるのに呆れる」(通訳に)ドヤ顔ってわかりますかね「逃れられぬ死を前にして、家族と祖国、そして見送る者たちを思いながら笑顔で死んでいった男たちを賛美することが悪なのか。戦争否定のためなら彼らをバカと罵れというのか。そんなことはできない。」この発言も反レイシズム情報センターに言わせればヘイトスピーチになるそうです。

ま、今いくつかの例を言いましたけども、これ、また皆さん、インターネットで彼らの2800以上の定義づけられている、データベース化されている発言はいつでも見れますので、皆さんご覧なって確認してください。

反レイシズム情報センターの最終目的は私にもわかりません。

しかしか彼らは今、120人以上の人物をリストアップして、そして過去の発言をいくつもデータベースして、そして彼らは120人以上の人物をレイシストであり、差別扇動主義者であると定義づけています。

今回、一橋大学で、彼らの最終目的のひとつが明らかになったのではないかと考えています。

それは彼らがレイシストと定義づけた人物の発言を封じ込めてしまう、もしかしたらこれが彼らの最終目的ではないかと。

そしてこれが今回一橋大学で起こったとみています。

私は彼らに言いたい。

有名なボルテールの言葉があります。

「私は君の意見には反対だが、君が意見いることは命をかけて守る」と。

これがなければ言論の自由は滅びると思います。

以上です。

ありがとうございました。

※記者会見後半 質疑応答
百田尚樹氏の外国特派員協会での記者会見 質疑応答文字起こし 「一橋大学講演中止事件」「フェイクニュース」「朝日新聞」「慰安婦問題」「偏向報道」「一発だけなら誤射かもしれない」

クリックのご支援何卒宜しくお願いします。
↓↓↓↓↓

政治関連ブログランキング