百田尚樹氏の外国特派員協会での記者会見 質疑応答文字起こし 「一橋大学講演中止事件」「フェイクニュース」「朝日新聞」「慰安婦問題」「偏向報道」「一発だけなら誤射かもしれない」


※記者会見前半
百田尚樹氏の外国特派員協会での記者会見 文字起こし 「一橋大学講演中止事件」について

記者
フリージャーナリストのオガワです。

私もこの問題を追っていたもので、短く2つだけ質問させてください。
(質問は一つだけと主催者側)
ARICという反レイシズム情報センターが、百田氏の講演わ中止にさせたというのが最初の百田氏の論点でしたけれども、私が追ってきた事実はそれではなくて、百田氏の講演が決まったときにですね、なんと1万人以上の反対署名がぱーっと集まったんですね。そして学内では60人以上の教員が反対をしました。百田氏はこれまで全国で沢山の講演をしてらしたそうですけど、初めて大学でアカデミックで、そして留学生も多い場で講演をされるという、これが否定されたので怒っている部分もあられるかもしれませんが、これだけの反対の事実は、単にARICという、ま、一人の青年の話を随分とされましたが、その人がしたことではなく、1万人以上の署名という重みをどう受け止められているかを伺いたいと思います。

百田尚樹
えー。先ほど1万人の署名活動が集まったと仰いましたけども、この1万人はほとんどが多分学外です。大学以外の人です。
そしてこの一万人を多いと見るか少ないと見るかですけれども、例えば反レイシズム情報センターがまず最初にインターネットで、百田尚樹の講演を中止さすようにインターネットで上で署名活動を広く告知しました。
その時に、私初めて言いますけれども、日本の民進党という、この政党の有田ヨシフという議員がいます。この有田ヨシフは早速、キャンペーンと銘打って、自ら書いて、そしてこの署名活動に賛同すると、広く知らしめたいということで、非常に拡散しました。
私は実は民進党とは仲が悪い。
(会場笑い)
民進党の悪口をしょっちゅう言うてます。
さらに私は韓国に対して、あるいは北朝鮮に対して、韓国政府、北朝鮮政府に批判的発言を沢山しています。Twitterでもしてます。
私を快く思わない韓国の方、北朝鮮の方は非常に多いです。
そしてさらに政治家の拡散によって1万人が署名したと私は考えています。
記者
夕刊フジ

米軍批判や「アベ」はヘイトスピーチになるとお考えですか?
百田尚樹
私は国家による批判、あるいは政策に対する批判は全くヘイトスピーチに当たらないと考えております。

記者

(ちょっとわからず。百田氏の回答で質問を推察してください)
百田尚樹
日本の報道陣が、政府に気をつかって自粛ということは全くありません。
世界の国と比較することは私はできませんけども、日本のテレビ、新聞の報道機関は、これくらい自由に政府批判、あるいは首相批判を堂々と繰り返す国はほかにはないんじゃないでしょうか。
政府を批判する、首相を激しく批判する、こういうことによって罰せられた人は全くいません。
むしろその反対で、報道機関を批判した文化人に対しては、報道機関は凄まじい報復行為をします。
私はそれを身をもって味わっております(笑)
記者

(ちょっとわからず。百田氏の回答で質問を推察してください)
百田尚樹
ここにおられる方は何年も日本に滞在されていると思いますけども。
日本のメディアほど偏向メディアはありません。
特にテレビが酷いです。
世界各国のテレビと比べることは私はできませんけども、日本のテレビは半世紀以上に渡って、わずか数局が認可されて、その既得権益は50年間手放しません。
自由参加ができないんです。
新聞や本は誰でもがそれを発行して出版することができます。
ですから誰がなにを書いてもいいと思います。
しかしテレビは事情が違います。
本来国民の共有財産である電波を、数局が50年、60年に渡って支配しています。
それゆえ政治的には公正中立が、本来は求められると考えています。
しかしながら現在の日本のテレビは、とにかく反政府、反政府だけじゃない、極端なこと言いますと、反日です。
日本では長いことこれがこれが正しい文化と考えられておりました。
ですからテレビは政権をいくら批判してもいい。という姿勢で長年報道してきました。
それが同じ政治家のスキャンダルであっても、与党政治家と野党政治家では扱いが100対1ぐらい違います。
そして政府を弁護するコメンテーター、あるいは文化人は日本のテレビではまず呼ばれません。
これが日本のテレビの現状です。
ですから日本の与党政治家が、時折、ま、頭にきて、メディア批判をする気持ちは理解できます。

記者

(フェイクニュースについての質問のようです)
百田尚樹
私の見るところ、朝日新聞は非常にフェイクニュースが多いです。

(会場で笑いが起きる)

過去も現在も多いんですけども、過去の朝日新聞のフェイクニュースで最も日本にダメージ、マイナスを与えたのは朝鮮人の従軍慰安婦の強制連行です。
今日本と韓国の間で一番大きな国際問題となっている従軍慰安婦問題は朝日新聞のフェイクニュースから始まりました。
1980年代のことです。
このフェイクニュースを朝日新聞は32年間訂正しませんでした。
32年後に朝日新聞はこれを訂正しましたが、もはや国際問題となってしまった火を消すことはできません。
最近では森友学園、加計学園、この二つを朝日新聞は社運をかけて報道しておりますが、全く大きな疑惑というのは出てきません。

記者
アソシエイトメンバーのシオムラです。

アソシエイトメンバーというのは記者ではないです。
先週の都議会選挙の秋葉原の安倍首相の演説の時に、帰れ帰れというコールが出ましたが、あれに対する安倍さんの対応は必ずしも上手ではなかったなと。
残念ながら僕は感じたんですね。
もし百田さんが安倍さんに、もっと上手に、こう対応したらどう?とアドバイスするとしたら、いいアイデアがありますか?
ちょっとお考えになっている間に、私、一橋大学のOBとしてですね、今回のことは非常に残念に思っております。
先ほどご質問ありましたけども、一橋大学は今一学年で1000人くらいしかおりませんので、2学年で2000人くらいの学生しかいません。
一万人のほとんどと仰いましたけど、学生はほぼゼロだと思います。
百田尚樹
今の話で非常に面白い話がありまして、秋葉原で大勢の聴衆が安倍総理の演説を聴きました。
ところがこれを報道した日本のテレビ局は、画像の切り取りをやりました。
日本のテレビ局が報道した画面を見ると、まるで聴衆の全員が安倍帰れと言っているような映像に見えます。
ところが実際の映像はですね、もの凄い広いところに大勢の人がいます。
そしてそこの一角だけ。わずかほんの一角だけ、動員された安倍反対派がそこに集結していました。
安倍総理を取り囲む360度の周辺は、ほとんどの人が安倍総理の話を聞きたい。あるいは安倍さんを応援したいという人で埋まってました。
ところが一角だけ、わずか30メートル四方の一角だけ反対派が陣取っていました。
ところが日本のテレビ局は、その一角の周辺にだけ集まっていました。
そして決して全体を写さずに、その一角をクローズアップしてテレビで放送してました。
非常に汚い報道のやり方です。
そして安倍総理が彼らに向かって、彼らは安倍総理に非常に汚いヤジを飛ばしました。
さきほどから申し上げてますように、その一角だけからヤジが飛んでました。
そして安倍総理は、こんな奴に負けるわけにいかないと言いました。
シオムラさんは、もっといいアドバイスはなかったかと私に問われましたけども、私ならもっと汚い言葉で罵っています。

(会場で笑いが起きる)

田中
フリーランスの田中龍作と申します。

土曜日の秋葉原での、先ほど仰った、安倍首相への汚批判と仰ってましたが、私現場にいました。
全方位から安倍さんへの批判は飛んでました。
それは百田さんの仰るような汚い言葉ではありません。
ちゃんとした正当な批判でした。
国会を開けとか嘘をつくなとか。
百田さんは現場に行かれたんでしょうか。
百田尚樹
行ってません
田中
じゃあ、百田さんこそフェイクニュースじゃないですか。
百田尚樹
全体像をとらえるのは非常に難しいです。
全体像を捉えるとなると、一人一人調査しないとなりません。私はある意味極端な形が申し上げました。
もちろん安倍総理の周りに批判する人はいたでしょう。
但し私は全体の写真を見ています。
私はその現場には行ってませんが、全体の写真を見てますと、各地に日の丸の旗が揚がってました。
ところがこれはテレビではほとんど見ることはありませんでした。

ここで最後3人の記者の質問で最後という案内があり、3人の記者が続けて質問。

記者


朝日新聞 岩崎


朝日新聞社の岩崎と申します。

(会場で笑いが起きる)

先ほどフェイクニュースというご指摘を頂きまして、えー一言申し上げたいなと思いまして。
慰安婦問題については確かにですね、大きな誤報を打ったことは間違いございませんし、訂正が遅れたのはそのとおりだと思います。
ですが国際問題のあらゆる元凶がそこだと言われるのはいささか乱暴かなというふうに聞かして頂きました。
えーそのうえで、私共の社長に百田さんの過去のツイートで、半殺しにしてやると。仰ってましたが、今ではそのお気持ちに変わりはないかということと、ま、ヘイトスピーチにないにしても、まーこれほど素晴らしい作品を書かれている作家の方として、そういうお言葉づかいでいいんでしょうかというご質問をさせて頂きます。

百田尚樹
国連についてお答えします。
実は日本における反政府活動、あるいは反日文化人、あるいは反日ジャーナリスト、こういう人たちは、長年、20年も30年も前から国連を利用してきました。
彼らは私費で毎年国連に出かけて、そして国連で日本の悪口を言い続けてきました。
日本は表現の自由がない、日本は人権侵害の国、そして日本は朝鮮人慰安婦を奴隷のように扱った、この性奴隷という言葉を使ったのも日本の弁護士です。
彼らは国連に対してに本の悪口をいい、そしてそれに対して国連が反応する、批判する、それをまた日本に持って帰って、国連が日本を批判していると、大きな声でそれを報道しました。
国連を政治利用している日本の団体は非常に多いです。
例えば従軍慰安婦に関しますと、20年以上も前から毎年日本の弁護士、高木、戸塚、この二人の弁護士。さらに日本の各種団体が国連に行って、日本が戦争中に従軍慰安婦にいかに酷いことをしてきたかを言い続けましたけども、その間、日本の外務省は一言もそれに抗議しませんでした。
2年前に日本の杉田という女性が国連に行って、戸塚、高木、それ以外の各種団体が国連で言っていたいたことは全て嘘だという発言をして、そして国連委員会は非常に驚きました。
そして国連は日本の外務省に、これはどこまで真実なのかということを外務省に問い合わせて、外務省が初めてそれは全て嘘ですと答えました。
日本の外務省はバカです。
(会場笑い)
私も反日日本人かもしれません。(笑)

百田尚樹
(2つめの質問に対して)
本来は、テレビ局は認可事業です。そして認可を与えるは総務省という省庁です。
ですから総務省はその認可を取り消すことは法律上可能です。
ところが、2年前ですかね、去年ですか、そのへんはっきりしません。
高市さんとい総務大臣が、あまり酷い報道をすると、認可を取り消すといことは法律上はあり得ると。
あくまで法律的な条文をそのまま言うただけなんですが、これがメディアに大批判されました。

さきほど酷い番組と言いましたが言い換えます。
日本には放送法という放送に関する法律があります。
高市大臣は、この放送法を守らない局に関しては、テレビ局の認可を取り消すという条文があると。
ま、こういうふうな発言でした。
高市大臣はあくまでも法律の条文を発言しただけなんですが、高市大臣は日本の報道陣、マスメディアから散々叩かれました。

百田尚樹
(朝日記者の質問に対して)
私が朝日新聞の社長を半殺しにすると発言したのは、いくつか背景があります。
かつて朝日新聞は北朝鮮がミサイルを開発したときに、朝日新聞が自社の新聞で、自分でクエスチョンだして自分でアンサー、答えるという記事を書きました。
質問はこういう質問です。
もし日本に北朝鮮のミサイルが撃ち込まれたらどうするかと、こういう質問です。
この時朝日新聞が自らこう答えています。
「そのミサイルが一発だけなら誤射かもしれない」

(会場笑い)
一発だけならミスかもしれないということですね。
これが1990年代の朝日新聞の記事です。
そして今年、北朝鮮の非常に緊迫した状況がありました。
北朝鮮がもしかしたら日本に核ミサイルを撃つかもしれないという、こういう危険な状況になりました。
そして私はツイッターにこう書きました。
「もし日本に核ミサイルが撃ち込まれて、このとき朝日新聞が一発だけなら誤射かもしれないと言えば、私は朝日新聞の社長を半殺しにする」と。

岩崎さん、なんか文句ありますか?

朝日新聞 岩崎
承りました。
百田尚樹
社長に言うといてください

終わり

動画

※記者会見前半
百田尚樹氏の外国特派員協会での記者会見 文字起こし 「一橋大学講演中止事件」について

クリックのご支援何卒宜しくお願いします。
↓↓↓↓↓

政治関連ブログランキング


4 件のコメント

  • 文字起しありがとうございました。 
    百田さんなら放送法厳罰化改正に署名運動すれば、ワンブリッジ1万人どころじゃないでしょうw

  • 朝日記者を畳みかけて、朝日新聞の慰安婦捏造報道や偏向報道をその場で認知させたのは秀逸でした。

  • 百田さんのこういう発言を、テレビで大々的に放送できるようになればいい。政府は、政府寄りの、NHKのような、反日、外国の毒にやられた放送局じゃなく、本物の公共放送チャンネルを開設し、百田さんら、日本の本物の識者に発言する場を提供したほうがいいと思う。

  • 文字起こしありがとうございます!
    質問する記者がフガフガ喋っているのがかなり苦痛なのでとてもありがたい…。

    一発だけなら誤射かもしれないけど、何発も発射してるから明確な敵だし
    一度だけなら誤報からもしれないけど、何度も繰り返しいるなら明確な悪意の証拠ですよね。

    個人的な意見ですが、朝日新聞の慰安婦強制連行報道は誤報だったという話を韓国の方がご存知ないのでは?と思います。朝日新聞は社員研修も兼ねて全社員を韓国に送り「慰安婦強制連行報道は弊社の誤報でした」と謝罪して来ると良いと思います。
    いかなる権力や圧力にも屈することなく事実を追求する報道機関の社員として、高らかに社旗を掲げ、また誤報で多くの人の人生を狂わせたことを真摯に謝罪して来るべきではないでしょうか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)