中国軍 台湾周辺で大規模な実弾射撃演習 ペロシ下院議長の訪台に対抗 中国軍の戦闘機27機が台湾の防空識別圏に進入

クリックのご協力をお願いします


ANNnewsCH

アメリカのペロシ下院議長の台湾訪問に対抗し、中国軍は日本時間の4日午後1時から台湾を包囲するように大規模な実弾射撃演習を開始します。

中国軍は4日から7日にかけて、台湾周辺の6カ所で海と空の実弾射撃訓練を行います。

台湾海峡に面する福建省・アモイでも、ペロシ氏の訪台に合わせて多数の装甲車の移動が確認されました。

今回の演習について共産党系の環球時報は、台湾統一のために軍事作戦を実施する際の海上封鎖の予行演習だと伝えています。

また、台湾国防部は3日、中国軍の戦闘機27機が防空識別圏に進入したと発表し、中国と台湾の間で緊張が高まっています。




楽天市場

※ページ下部でコメントできます

コメントを残す

©anoTube|アノチューブ