ツイッター元幹部で安全対策の元責任者ピーター・ザトコ氏がアメリカ司法省に内部告発文書提出 「セキュリティの脆弱性を隠ぺい」「偽アカウント対策よりユーザー数増加を優先」

クリックのご協力をお願いします


ツイッター元幹部が内部告発「セキュリティの脆弱性を隠ぺい」「偽アカウント対策よりユーザー数増加を優先」

TBS NEWS DIG Powered by JNN

短文投稿サイト・ツイッターの元幹部がセキュリティの脆弱性を隠ぺいしてきたなどとする内部告発をしたことが23日、明らかになりました。

AP通信などによりますと、ツイッターの安全対策の元責任者ピーター・ザトコ氏は先月、アメリカ司法省などに84ページにわたる告発文書を提出。ツイッターがセキュリティに関する深刻な脆弱性を隠ぺいしてきたほか、偽アカウント対策よりもユーザー数の増加を優先してきたと指摘しています。

今回の内部告発は、偽アカウントの割合を問題視して買収を撤回したイーロン・マスク氏とツイッターとの法廷闘争に影響する可能性もあります。

アメリカメディアによりますと、マスク氏側がザトコ氏に裁判での証言を求め、召喚状を出したということです。

管理人
ネットの反応
名無し
ザト子ちゃんナイスじゃん
名無し
Twitterで拡散しなきゃ





楽天市場

※ページ下部でコメントできます

コメントを残す

©anoTube|アノチューブ