< #テレビが絶対に報道しないニュース >前川喜平が重要証言 前川「獣医学部を作りたいと言っていたのは加計学園のみ」→自民・小野寺「京産大もあったのでは?」→前川「京産大は具体化したものではなかった」→野党シーーーンww


Mi2‏ @YES777777777

【意識したのは加計学園だけ】衆院・予算委。前川喜平「私の意識としては、今治市の加計学園獣医学部のことであると、こういう認識は持っていた」
自民党・小野寺五典「京産大もあったのでは?」
前川「京産大も意向があると確かにあったが、意識していたのは加計学園」
なんだそれ。#kokkai

 

このシーンをライブで見ていたが、録画なら巻き戻してもう一度確かめたいと思ったくらい意外な答弁だった。

Mi2さんが動画をアップされたので貼り付けさせて頂きます。

野党はヤジってばかりいたのが、この時はシーーーン。

この発言が後に響く影響はかなり大きいと思われる。

つまり、京産大は記者会見で準備不足と自らが認めていたが、主要メディアではこれを報道せず、または報道しても「締め切りのお尻を切られていたから諦めた」という、かなり歪曲した報道の仕方だった。

※関連記事
【これはヒドイ】今後も教員集めが困難な理由で獣医学部新設を予定していない京都産業大学 なのに報道ステーションが伝えた京産大が獣医学部新設を諦めた理由が「平成30年4月開学」だけかのように報道【アノニマスポスト コラム】

この証言は、京産大は手を挙げた時点でも全く具体化された申請ですらなかったことが前川によって証言されたことになる。

「申請の熟度」に関して文科省としても「加計ありき」としか認識していなかったということだ。

クリックのご支援何卒宜しくお願いします。
↓↓↓↓↓

政治関連ブログランキング


7 件のコメント

  • はぁ? この男は何を言ってるんだ? 
    ひょっとして、自分だけ安全地帯に駆け込もうと野党とマスゴミを切り捨てた?

  • ※1
    事実が次々出てくるから辻褄合わなくなっただけじゃね?
    前川も混乱してきてる
    嘘つきの末路
    まぁ超編集で擁護だろうけどね・・・
    報道テロが止まらない
    地方を殺してまで報道がやりたいことってなんだろね?

  • 京都産業大学は、獣医学部を1989年から作りたくて、バイオセーフティレベル3の鳥インフルエンザ研究センターを作ったり、ネイチャーアクセプト私学トップの陣容を揃え、12名の獣医師教員を動物生命医科学科に揃え、既存獣医学部とも連携していたが、文部科学省の告示に跳ね返され、前に進まなかった。鳥インフルエンザ対応で京都府と関係が強くなり、新潟を見て、京都府が京都産業大学に声を掛けてくれて、という流れだから、大学は長年やっているが、京都府が担ぐことを決めたのが2015年だからかなり出遅れている、さすがに京大閥なので提案書はミラクルだが、京大には獣医師養成課程が無いので、教員が北大頼み、そこがしんどいところ、まあ、京産は後ろから鉄砲撃ってないし、彼らに非は無いし、むしろ、被害者だけどね。

  • 吐いた唾を地面に這い蹲って、啜る事になるのは一体誰かな?
    マスゴミかな?前川助平かな?野党のゴミクズ議員共かな?
    …この間の加戸さんの発言同様、絶対に無かった事になんかさせねぇぞ?

    • 私は、62歳のおばさんです。

      パソコンも持たす、スマホも持たず、この怒りをどこかに!と思ってもなす術がありません。
      テレビ局へ、番組へ電話抗議したいのですが、どこにしたらいいのか・・・
      若い皆様が、真っ当な認識をもっていらっしゃる、わずかながら、それをホットしています。
      どうにか、今の状況に立ち向かってくださいませ!
      日本のことが・・・心配です・・・。

      (こそっと、会社のパソコン使用してます)

  • この記事は、加計学園問題の「時系列」に詳しくない方が書かれたのでしょうか?
    前川氏が「(京産大の意向は)具体化したようなものではなかった」と述べているのは和泉補佐官とのやりとりがあった9月9日【時点】でのことです。自民・小野寺議員が「その時点での認識」を尋ねたのでそれを答えています。京産大が具体的な提案(加計よりはるかに高度な)を出すのは10月17日のヒアリングにおいてですから。
    .
    よって「この発言が後に響く影響はかなり大きいと思われ」ず、殆ど無いでしょう。
    .
    また京産大が記者会見で準備不足を認めたのはその通りですが、その「不足していたもの」に提案内容は含まれません。「いい準備ができた」「創薬に強いライフサイエンス系の獣医学部を作る構想は自負するところがある」(読売新聞)と述べたように内容には絶対の自信を見せています。
    少なくとも、今治側の 間違いも指摘されてる薄い構想(加戸特別顧問提出資料)より上だったことは素人目にも明らかでしょう。
    .
    京産大は、足りなかったのは “準備期間” だと明確に述べています。
    「今年1月4日の告示で「平成30年4月の設置」になり、それに向けては準備期間が足りなかった。」「平成30年4月が無理だったということ。(中略)予期していない期日」「(記者:そんなに早く期限を切ってくるとは想定しづらかったということか?) はい。」
    よって「締め切りのお尻を切られていたから諦めた」という報道は正しい。
    .
    ちなみに、“教員集めが困難だったことも理由の一つなのに一部メディアはそれを無視してる” と関連記事で指摘されていますが、それは違う。「教員確保が困難」は、今後の「2校目3校目」として手を挙げない理由であり、今回の加計とのマッチレースで諦めた理由ではありません。
    『報道ステーション』では(どんどん全国展開させていくという安倍総理の考えがいかに現実離れしていたかを示す証拠としてちゃんと流してもいて)“無視” などしてませんし、会見を「加計問題」として扱うなら特に問題ない報じ方でしょう。
    (会見が「獣医学教員の不足を訴えるため」のものだったなら もっと違った報じ方をすべきとは思いますが。)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)