「びっくりしました… 仰天した」 考古学者も驚き! 日本最古の古墳「富雄丸山古墳」から、これまで出土例がない盾の形をした銅の鏡「だ龍門盾形銅鏡」と、長さが2m37cmもある刀身がヘビの様に蛇行している「蛇行剣」が発掘される

クリックのご協力をお願いします





読売テレビニュース

考古学者も驚き!“盾の形をした銅の鏡”と長さ2mを超える「蛇行剣」が奈良市の古墳から出土

奈良市の日本最古の古墳といわれている4世紀に造られた「富雄丸山古墳」から、これまで出土例がなく考古学者も驚きを隠せない、盾の形をした銅の鏡「だ龍門盾形銅鏡」と、長さが2m37cmもある刀身がヘビの様に蛇行している「蛇行剣」が発掘されました。


楽天市場

コメントを残す

©anonymous post NEWS