<虎ノ門ニュース>須田慎一郎氏が言う「日本での密造拳銃の部品製造」話から思い出したこと【アノニマスポスト コラム】


昨日の「虎ノ門ニュース」で須田氏がフィリピンでの拳銃密造の話をしていた。

動画はこちら
↓↓↓
件の話の部分からスタートします。

須田氏は東京近郊で拳銃の部品が製造され、それをフィリピンに持っていってフィリピン側で拳銃を組み立てているという。

俺はこの話は知らないが、須田氏の話から思い出した話があるので書き留めておこうと思う。

 

俺は長くダーティーな仕事をしていた。

それも拠点はフィリピン。

今から20年ほど前の話だが、京都のある人物が、フィリピンの密造拳銃の職人たちをフィリピンバンドと称してグループを組ませ、日本へ連れてきて拳銃の密造をさせていた。

これは逮捕されたが、この手の話は沢山ある。

 

昔、フィリピンは日本のヤクザが跋扈していた。

俺はフィリピンのある会社の事務所で、菱の代紋の扇子が飾ってあったのを見たこともある。

その会社のフィリピン人社長は、山口組との関係をさも自慢げに話していたので白けた思いをしたこともある。

一般の日本人には全く縁のない場所だが、入国管理局に行くと指名手配写真が沢山貼られている。

普通の警察署や交番によく貼られている指名手配のポスターだが、入国管理局に貼られているものはちょっと違う。

それぞれの指名手配犯の逃亡先が書かれているのだ。

その逃亡先のほとんどがフィリピンだ。

フィリピンは現役ヤクザも行き来するが、指名手配犯の逃亡先でもあるし、ドロップアウトした一般人の流刑地という側面もある。

フィリピンには日本のヤクザ、もちろん在日ヤクザも含むが、この手の人間が非常に多い。

日本では覚醒剤のことを「シャブ」というが、これはフィリピンでも「SHABU」という。

「SHABU」は公的に使われる言葉であり、フィリピンのメディアもこの言葉を使う。

これは日本のヤクザ言葉が起源なのだろうと思う。

昔は覚醒剤絡みでも日本のヤクザはフィリピンを利用していた。

しかし今はほとんどそれはないという。

 

これは大阪の刑事に聞いた話だが。

今から十数年前くらいに、俺は大阪のある警察署に呼び出されたことがある。

フィリピンからの覚醒剤密輸に関してだった。

どこの警察署とは書かないが、「銃器、覚せい剤専門の警察署」と言えば、そのスジ、あのスジ、このスジの人間なら容易に想像できる。

俺はもちろん覚醒剤がらみにには一切関わったことがないので、何だろうと思い警察署を訪ねた。

そこで刑事が「あんたを疑うてるわけやないんや」と言って、ことの経緯を説明してくれた。

聞くと、フィリピンから少量ではあるが、覚せい剤の密輸があったという。

関西空港着の国際郵便で、麻薬犬が嗅ぎつけてわかったそうだ。

刑事が余談として話したことが、「フィリピンから少量のシャブの密輸の犯人は100%在日のフィリピン人」だそうだ。

フィリピンの覚醒剤は純度が低く、日本人はほとんど手を付けない。

ましてや国際郵便での密輸というリスクを負わなくても、日本で簡単に手に入れることができる。

だからフィリピンからの密輸は在日のフィリピン人が多いのだそうだ。

この件の国際郵便の受取人も分かっていた。

警察は一応税関との合同で事情聴取はしているが、シラをきって埒があかない。

ましてや少量の密輸。

詳しいことは書けないが、「さてどうするか」ということだった。

もうこれは言わずもがな。

俺は次の日の早朝、そのアパートを急襲、当人を拉致して関西空港まで連れて行った。

「お前、日本でモンキーハウスに入りたいんか」と言えば、別に抵抗するわけでもなくおとなしくなった。

※「モンキーハウス」はフィリピンで刑務所を意味する。

これまた一般人には無縁のものだが、航空会社に頼むと「Boarding Certificate」というものを発行してくれる。

つまり「搭乗証明書」だ。

「この人はちゃんと飛行機に乗りましたよ」というのを航空会社が証明してくれるのだ。

これを頼んでおくと、後日航空会社から「Boarding Certificate」が送られてくる。

これを先の警察署の刑事に渡すと、刑事は無言で頷く。

ま、俺の「民間強制退去処分」というわけだ。

 

話を須田氏の動画内容に戻すが、須田氏も今は日本のヤクザもフィリピンへは行かなくなったという。

これには若干の異論が俺にはあるが、昔に比べれば少なくなったようには思う。

それはフィリピンを利用してアンダーグラウンドの商売をしていたヤクザがもう高齢化しているからかもしれない。

また別の機会に詳しく書こうと思うが、もしこれからフィリピンへ旅行に行かれる方がいればひとつ注意を申し上げておきたい。

「フィリピン在住の日本人は信用するな」ということ。

もちろんフィリピンにある大手の日本企業駐在員、それに付随しての日本の中小企業の現地駐在員は別だが、それ以外のフィリピン在住の日本人の中には、遊びでフィリピンを訪れる日本人をカモにするため虎視眈々と狙っている輩が異常に多い。

こういった輩は日本へ帰れなくなったヤクザの成れの果てか、フィリピーナに現を抜かしてドロップアウトした困窮邦人の確率が極めて高い。

また、先に書いた殺人などの重犯罪を日本で犯した指名手配犯などもいる。

フィリピンは底抜けに楽しい国だが、ひとつ間違えばそこは「地獄の一丁目」であることを頭の片隅にでも置いておいて頂きたいと思う。

クリックのご支援何卒宜しくお願いします。
↓↓↓↓↓

政治関連ブログランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)